投稿日: 2020/08/21

ヨウショウ

『外壁塗装リフォームで意外に起きる近隣トラブル』

外壁リフォームにトラブルはつきもの。
どんなに気を付けていても、ちょっとしたボタンの掛け違いはあるものです。

業者側が事前に起こりうるトラブルを、予め施主に伝える事で、お互いにとっての理解は深まるものです。

逆に事前の説明がない場合、不快に思う事が出てくるかもしれません。
施主と業者の間のいざこざもありますが、意外に多いのは近隣とのトラブル。

原因は騒音の問題であったり、高圧洗浄時の水跳ね、足場を架設するときの、境界問題だったり、様々です。

あなたが隣人と友好な関係にあれば、お互い様だから、で済みますが、
誰しもが、お隣さまと仲良しであるとは限りません。

施主は、隣人への配慮を気にするものです。

外壁リフォームに入る前は、四方の隣人に、必ず挨拶に伺う事をお勧めします。
また、業者は工事の案内書と粗品のタオルを持って事前に伺うのが通例です。

こうしたちょっとした配慮がないと、隣人とトラブルになるケースがありますので、工事に入る前は、十分に注意を払って挨拶まわりをしましょう。

近隣を巻き込んでのトラブルは、せっかく外壁が綺麗に塗りかわっても、嫌な思いをして、嬉しさが半減してしまうので、注意が必要です。

👇詳細ボタンを押すと動画が再生されます。
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。